専門家に相談

重厚感あふれる机と椅子class=

交通事故は乗用車が登場した頃から、避けられないものとして宿命づけられています。
しかし当事者からすれば理屈では納得できないものです。
特に被害者は損害を受けた事で、生活に支障を来たしている場合があります。
仮に仕事に影響が出るほどの怪我を負った場合、雇い主は解雇に踏み切る恐れさえあります。
その時のダメージは単純に身体が治るだけでは回復できません。
それが被害者の事情や背景によって、損害賠償金が異なる理由です。
損害賠償金を決定するためには冷静な対話が必要になります。
その時に感情が含まれ過ぎると話がまとまりません。
だから法律に根ざした話し合いが推奨されるのです。
一般人は法律について詳しくないため、弁護士を介入させた示談交渉が行われます。

その時の弁護士については保険会社が準備します。
自動車やバイクを購入した時に、保険会社への加入を求めるのはこういう事情です。
乗用車同士のぶつかり合いならばそれで問題ありませんが、歩行者が含まれると話が少し違います。
歩行者は保険に加入しているとは限りません。
仮に保険に加入していない場合は、孤立無援の状態で示談交渉をする事になります。
それでは損害賠償金を受け取る立場の被害者の方が不利です。
保険会社の弁護士は加害者の権利を守ろうとするため、被害者に対して一切の遠慮がありません。
だから被害者も弁護士を準備する必要があるのです。
そこで交通事故の示談交渉を専門に行う弁護士が求められます。
自分で調べる事も可能ですが、専門の弁護士の窓口サービスを使った方が時間を短縮できます。