交渉のプロ

電話相談する女性class=

こちらに落ち度がなくても遭遇してしまうのが交通事故というものです。
多くの自動車やバイクが道路を走っている以上、全ての人が避ける事はできません。
当事者の不注意やミスで被害を受ける事になります。
仮に乗用車同士の衝突であれば、過失のある方が被害者に賠償金を支払います。
双方の乗用車が加入している保険会社が介入してくるため、専門的な知識を求められる事は少なめです。
しかし歩行者が衝突事故に遭った時は、どんなケースでも乗用車が加害者であり歩行者が被害者になります。
その時に歩行者が保険に加入していないと、フォロー役が誰も存在しません。
そのまま示談に向かうと保険会社に言いくるめられる恐れがあります。
まずは弁護士への話を付けておくべきです。

しかし弁護士と一言で表現しても、得意としている業務は千差万別です。
交通事故は裁判に発展する事は皆無と言っていいほどで、ほとんどが示談での解決になります。
よって裁判所での仕事ばかりをしている弁護士は、交通事故の現場対応はいつもと勝手が違うという事もあり得るのです。
だから交通事故に遭遇しても、無作為に弁護士を選ぶべきではありません。
たくさんの事務所の中からスペシャリストを見つけ出す必要があります。
相手にする保険会社は示談交渉を催促してきますが、それは保険会社にとって有利な相手である事を求めているからです。
しかし交通事故対応を早く進めなければならないのも事実です。
急いでいる場合は専用の窓口サービスに相談すると時間を節約できます。