金銭面の基準

電話応対をする女性弁護士class=

自動車やバイク、自転車などと接触事故を起こした場合、保険に加入している場合は、保険会社に連絡をすると担当員が当事者に変わって相手と損害賠償等についての示談交渉を行ってくれます。
しかし、被害者、加害者ともに保険に加入していない場合には、事故の当事者が直接話し合いをして決めることになりますが、当事者同士の場合ではきちんと話し合ったことを書面等に残していない場合も多く、賠償額が支払われていないとか、賠償額が足りないなどあとからトラブルになることもあります。
そのようなトラブルを未然に防ぐためには、弁護士などによる専門サービスに相談することで適切なアドバイスをしてくれたり、代わりに示談交渉をしてくれるので便利です。

自動車保険には、車を所有する際に必ず加入が義務付けられている自賠責保険と任意で加入する保険の2種類があります。
交通事故でケガをした場合、任意の保険に加入していなくても自賠責保険を使用して治療費等を補償してもらうことが可能です。
自賠責保険は医療機関だけではなく、整骨院などでも症状によっては適用されることがあります。
例えば、ケガの治療が終了しても後遺症が残っていたり、むち打ちなどの症状で医療機関では改善されないような場合に整骨院で交通事故治療を行うと保険を使用して治療ができます。
特に交通事故では、むち打ちの症状はレントゲンで検査をしても骨に異常が出ないため見過ごされがちで、あとから症状が出る場合もあるので注意が必要です。